流山おおたかの森駅 徒歩2

TEL.04-7155-7771

WEB予約 WEB問診 LINE

子宮頸がん検診

子宮頸がん検診について

子宮下部の子宮頸部と呼ばれる部分から発生する癌です。今、日本では年間約2800人の女性が子宮頸がんにより尊い命を落とされています。子宮の入り口付近に腫瘍ができることが多いので、観察や検査が行いやすく、比較的に発見されやすいと言われています。早期に発見すれば治療も行いやすく、良い経過をたどりやすいがんです。しかし、他の部位の悪性腫瘍と同じように、進行すると治療が難しくなりますので、早期発見に努めるようにしましょう。

子宮頸がんの発生にはある種のヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が少なからず関連しています。HPVは性交渉で感染すると言われるウイルスです。子宮頸がんの患者様の90%以上からHPVが検出されることが知られています。また、喫煙も子宮頸がんの危険因子であることがわかっています。日本では子宮頸がんワクチン接種が世界に比べ大きく遅れをとっています。

子宮頸がん検診について

子宮頸がんは女性特有のがんとしては乳がんに次いで罹患率が高く、特に20~30代という若い方にも比較的に多く見られます。早期に発見できず、進行してしまうと治療が難しくなり、死に至るケースもよくあります。しかし、早期に発見すれば、早期の治療により治癒する可能性が大きいので、そのためにはとにかく定期検診を受けることが大切です。

検診では、問診や視診だけでなく、細胞診も行います。細胞診で異常が出た場合は、さらに詳細な検査(組織検査)を行い、確定診断に繋げていきます。

子宮頸がんワクチン接種

子宮頸がんのリスクを減らす方法の一つとして、子宮頸がんワクチンがあります。このワクチンを接種することにより、ヒトパピローマウイルスの感染を予防することが出来ますので、結果的に子宮頸がんのリスクを軽減できるのです。

子宮頸がんワクチンは中学1年生となる年度から行うケースが一般的であり、3回の接種によって完了します。実際に予防接種を受ける際は、ご家族でよく相談され、ワクチンの有効性とリスクを十分にご理解いただいた上で、お受けになるかどうかをご判断ください。

医院概要Clinic Overview

TEL
04-7155-7771
住所
〒270-0128
千葉県流山市おおたかの森西1丁目9番2号
フラーリッシュ2階
東横INNの正面向かい
院長
窪谷 健くぼのや けん/産婦人科
副院長
窪谷 公代くぼのや きみよ/小児科
アクセス
つくばエクスプレス 流山おおたかの森駅 徒歩2分
お車でお越しの方は、駐車場がないため最寄りのコインパーキングをご利用ください。
診療内容
【産科】妊婦健診・出生前診断・不育症・産後の悩み
【婦人科】月経異常・生理痛・不正出血・月経前症候群(PMS)・冷え性・子宮がん検診・デリケートゾーンの症状(かゆみ・痛み・おりものなど)・更年期のお悩み・漢方薬・思春期相談・子宮筋腫・子宮内膜症
【ベビー科】こどもの予防接種・乳幼児健診・育児相談
【自費診療】低用量ピル・避妊相談・緊急避妊・ブライダルチェック・プラセンタ・ビタミン注射・望まない妊娠についてのご相談など。

診療時間

産婦人科
9:00~12:30
14:00~17:00

休診日:水曜・土曜午後・日祝日
<予約優先>

小児科(ベビー科)
9:00~12:30
14:00~17:00

▲は第1・第3土曜
<完全予約制>
予防接種、乳幼児健診、育児相談

※受付は診療終了時間の15分前までとなります。
※予約はWEB、お電話にてお受けします。