流山おおたかの森駅 徒歩2

TEL.04-7155-7771

WEB予約 WEB問診 LINE

生理痛・生理不順

生理痛の方はご相談ください

生理痛

生理痛の悩みはとても多い相談の一つです。生理痛が強く、日常生活に支障を来たしている方、腹痛や腰痛、悪心、嘔吐、ふらつき、頭痛、頭重感、食欲不振などの症状が治まらない方はお早めにご相談ください。

生理痛の原因

生理痛には幾つかの原因が考えられますが、大別すると、特に病気がなく子宮の収縮で起こるようなタイプと、子宮内膜症などの病気によって起こるタイプがあります。特に黄体ホルモンは子宮内膜に作用してプロスタグランジンという痛み物質を増加させます。これに伴って子宮が収縮したり、お腹や腰が痛くなったり、吐き気を誘発したりします。

一方、子宮内膜症などの異常による生理痛は年々増加傾向にあり、20代前半からよく見られます。こうした病気が原因のときは、早めに治療を開始することが大切となります。

生理痛の治療

生理の前は骨盤の血流が滞ることもあり、生理痛の原因となります。これを改善するには適度な運動が効果的です。生理の始まる1週間ほど前からジョギングやスイミング、エアロビクス、ヨガなどを行うと、痛みが和らぐことがよくあります。また、日常的にストレッチングを続けることも、全身の機能を調節する上で効果があると言われています。
治療としては、漢方薬、低容量ピル、黄体ホルモン剤、鎮痛剤などがあり、どれが有効かは、問診と診察により診断し決めていきます。

生理不順

生理不順について

生理の周期は、常に一定の方もいれば、時々ずれる方もおり、個人差が見られます。一般的には25~38日とされており、この範囲内に収まっていれば特に問題はありません。生理不順は、ストレスなどによって自律神経が乱れ、生理周期が乱れてしまう状態です。

生理不順の種類

生理不順には幾つかの種類がありますが、多くの方が悩んでいるものとして、生理周期が長すぎたり、逆に短すぎるタイプがあります。生理周期が39日以上になってしまうものを稀発生理と呼びます。卵巣の働きが不十分なときに起こりやすくなります。このような稀発生理があっても、排卵が行われているならば妊娠・出産は可能です。しかし、ホルモンバランスの状態によっては治療が必要となることもあります。

これに対し、生理周期が24日以下のサイクルになってしまうタイプが頻発生理です。ホルモン分泌の乱れとともに、卵巣機能の低下も考えられるため、妊娠しにくかったり、妊娠しても流産しやすくなります。妊娠出産を望んでいる方は、早めに産婦人科を受診し、ホルモン分泌の状態検査しておくことをお勧めいたします。

この他、生理期間が8日以上続く過長生理、生理期間が2日以下の過短生理、経血量が極端に少ない過少生理、逆に非常に多い過多生理もあります。

生理不順の改善策

生理不順になったら、まず自身の生活をきちんと見つめ直すことが大切です。1日3回栄養バランスのとれた食事を摂って、十分な睡眠をとり、適度な運動も心掛けましょう。また、生理不順の大きな敵であるストレスと上手につき合うことも大切です。生理不順が続くようなら、婦人科を受診しましょう。

医院概要Clinic Overview

TEL
04-7155-7771
住所
〒270-0128
千葉県流山市おおたかの森西1丁目9番2号
フラーリッシュ2階
東横INNの正面向かい
院長
窪谷 健くぼのや けん/産婦人科
副院長
窪谷 公代くぼのや きみよ/小児科
アクセス
つくばエクスプレス 流山おおたかの森駅 徒歩2分
お車でお越しの方は、駐車場がないため最寄りのコインパーキングをご利用ください。
診療内容
【産科】妊婦健診・出生前診断・不育症・産後の悩み
【婦人科】月経異常・生理痛・不正出血・月経前症候群(PMS)・冷え性・子宮がん検診・デリケートゾーンの症状(かゆみ・痛み・おりものなど)・更年期のお悩み・漢方薬・思春期相談・子宮筋腫・子宮内膜症
【ベビー科】こどもの予防接種・乳幼児健診・育児相談
【自費診療】低用量ピル・避妊相談・緊急避妊・ブライダルチェック・プラセンタ・ビタミン注射・望まない妊娠についてのご相談など。

診療時間

産婦人科
9:00~12:30
14:00~17:00

休診日:水曜・土曜午後・日祝日
<予約優先>

小児科(ベビー科)
9:00~12:30
14:00~17:00

▲は第1・第3土曜
<完全予約制>
予防接種、乳幼児健診、育児相談

※受付は診療終了時間の15分前までとなります。
※予約はWEB、お電話にてお受けします。