流山おおたかの森駅 徒歩2

TEL.04-7155-7771

WEB予約 WEB問診 LINE

月経前症候群(PMS)

月経前緊張症(PMS:premenstrual syndrome)とは

月経前緊張症(PMS:premenstrual syndrome)とは、月経前症候群とも呼ばれています。月経が始まると症状は改善、消失するのが普通ですが、月経の7~14日ほど前から不快な症状が出現し月経開始とともに減少したり消えたりします。症状は様々であり、むくみ、頭痛、乳房の痛み、腰痛、食欲不振、倦怠感、抑うつなど、人によって異なります。
月経前になるとイライラする、気分が沈んでしまう、乳房にハリを感じる、顔や手足がむくむといった方も月経前緊張症の可能性があります。

月経前緊張症(PMS)を放置すると

八つ当たりしてしまったり、働いている人であれば仕事上のミスが増えたり、人間関係を悪化させるなど、社会的なマイナス面が出ることがあります。
イライラしている本人自身は症状に気づいておらず、周りが迷惑をこうむっているだけ、ということも珍しくありません。

治療について

カフェインやアルコール、塩分の取りすぎは月経前緊張症(PMS)を悪化させることが知られており、またストレスやビタミン不足も症状を悪化させることがあります。
漢方薬や低用量ピルなどで症状を改善できることが多いのでぜひご相談ください。

医院概要Clinic Overview

TEL
04-7155-7771
住所
〒270-0128
千葉県流山市おおたかの森西1丁目9番2号
フラーリッシュ2階
東横INNの正面向かい
院長
窪谷 健くぼのや けん/産婦人科
副院長
窪谷 公代くぼのや きみよ/小児科
アクセス
つくばエクスプレス 流山おおたかの森駅 徒歩2分
お車でお越しの方は、駐車場がないため最寄りのコインパーキングをご利用ください。
診療内容
【産科】妊婦健診・出生前診断・不育症・産後の悩み
【婦人科】月経異常・生理痛・不正出血・月経前症候群(PMS)・冷え性・子宮がん検診・デリケートゾーンの症状(かゆみ・痛み・おりものなど)・更年期のお悩み・漢方薬・思春期相談・子宮筋腫・子宮内膜症
【ベビー科】こどもの予防接種・乳幼児健診・育児相談
【自費診療】低用量ピル・避妊相談・緊急避妊・ブライダルチェック・プラセンタ・ビタミン注射・望まない妊娠についてのご相談など。

診療時間

産婦人科
9:00~12:30
14:00~17:00

休診日:水曜・土曜午後・日祝日
<予約優先>

小児科(ベビー科)
9:00~12:30
14:00~17:00

▲は第1・第3土曜
<完全予約制>
予防接種、乳幼児健診、育児相談

※受付は診療終了時間の15分前までとなります。
※予約はWEB、お電話にてお受けします。